検索

喉の渇きは要注意。

喉の渇きについてのお話。


人間は約60%が水分です。

そのうち約2%が失われた場合は喉の渇き、約5%で熱中症の症状が現れます。

つまり…。喉が渇いた時、それはすでに体内で脱水が起こっているということになります。


驚かれた方も多いと思いますが、それだけ水分は体の維持に非常に重要なんです。


脱水は、血液中の水分も減少してしまい、血液がドロドロの状態(脂肪などが血液中に大量に存在し、スムーズに流れない状態)になっています。

血液は酸素を運搬しているので、血流が悪くなると細胞に酸素がいかず、免疫力の低下、内臓機能の低下などを引き起こします。血栓も出来やすくなるため、脳梗塞や心筋梗塞も起こりやすくなります。


喉が渇いたと感じなくても、こまめに水分を補給するようにしましょう!


でも、アルコールやカフェインが入った飲料はNG!これらは利尿作用があり、身体から出て行く水分が増えてしまいます。


また、就寝中もコップ一杯分の水分が消費されています。起床時に水や白湯を補給すると良いですよ^ ^



以上、マッサージ師のつぶやきでした^ ^

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宮島へ